2018年11月15日 トレード日記

2018年11月15日 トレード日記

ドル円、早朝に大きく下げて、113.3円で下げ止まり。
下げている途中の113.7円付近で下げ止まりかと思ったので、先日から持っていたショートポジションを決済。

朝起きてからチャート分析。安値113.2円まで。高値は114.2円まで。上げる力が弱くても113.8円まで価格を戻す可能性が高いと分析。

長期目線は以前として上。すぐにもう一度上を試そうと反発するかと思い、反発してもう1度上を目指そうとしたポイント113.544でロングエントリー。
一度下げるが、再度上向きになったため、113.499で再度ロングエントリー。

その後、一度上を目指すも、113.59円で反発しそのまま下落。再度早朝に下げ止まった113.3円で反発を受け、上に向かうところで113.367ロングエントリー。
すぐに再度強い下落。113.2円まで想定していたが、113.1円まで下落。
113.2円で損切りを予定していたが、113.0~113.2円までの買い層がかなり厚かったため、損切りポイントを112.9円に設定変更。
残りの証拠金の使って113.188で勝負のロングエントリー。損益が相殺された所でイグジット。

【反省点】

◆Good Point
・なし!全然ダメ!

◆Bad Point
・相場が読めていない。上昇トレンドが継続していると思っていたが、下降トレンドに向いていた。日足を見れば一目瞭然だったにも関わらず、クソポジを持ち資産を危険に晒した。
・先日から持ち越していたショートポジション同値撤退は出来たが、利を狙えたポイントで粘り切ることが出来なかった。
・113.544円と113.499円の2つのショートを近い金額で持ちすぎ。下げてきた時に同値撤退すべきだったが、エントリー時に決めた利確損切ポイントまで放置というスタンスを試してみているため、とりあえず保留としていたが、結局損切りポイントをズラしてしまっている。しかも底値を見誤って113.367でロングエントリーをしている。
・EURUSDとGBPUSDをお試しでポジションを持ってみて成功してはいるが、USDJPYの10分の1のロットでエントリーしているため、薄利。
また、トレーリングストップを利用したため、良いポジションを持てたのに利益を伸ばすことが出来なかった。

【現在のポジション】

・USDJPY 113.544 ロング → 113.358 クローズ -18.6pips 0.1Lots -1,860円
・USDJPY 113.499 ロング → 113.355 クローズ -14.4pips 0.1Lots -1,440円
・USDJPY 113.367 ロング → 113.354 クローズ -1.3pips 0.1Lots -130円
・USDJPY 113.188 ロング → 113.362 クロース +17.4pips 0.3Lots +5,220円
・USDJPY 113.754 ショート → 113.735 クローズ +1.9pips 0.1Lots  +190円
・USDJPY 113.734 ショート → 113.730 クローズ +0.4pips 0.1Lots +400円
・EURUSD 1.13119 ショート → 1.12918 クローズ +22.6pips 0.01Lots +228円
・GBPUSD 1.29806 ショート → 1.29667 クローズ +13.9pips 0.01Lots  +157円
・AUDUSD 0.72555 ショート → 0.72552 クローズ +0.3pips 0.01Lots +3円

【損益】

2018年11月15日 +2,768円
2018年11月14日 +3,690円

合計 +6,458円