トレード手法について

投資歴(2018年12月時点)

・仮想通貨 1年3ヶ月目
・外国為替 3ヶ月目

トレード手法

私がトレードをする際に念頭に置いているのは、「市場の動きはすべてを織り込む」ということ。
ファンダメンタルズ、政治的、心理的なものは値動きを見ればすべて事足りる。理由は何であれ、買いが売りを上回れば上がり、売りが買いを上回れば下がる。

・プライスアクション
・ライントレード
・移動平均線(EMA16・24・75)+MACD

トレード7か条

・チャート分析をする際は、月足→週足→日足→4時間足→1時間足…という順で複数の時間足のローソク足を見て判断する。
・上位足(4時間足以上)のトレンド方向にのみエントリーする。
・エントリー時は損切りラインを決め、決めた損切りラインを必ず守る(エントリー時に逆指値注文をする)。
・反対方向にエントリーした場合のことを想像し、最悪のシナリオを想定し、想定外を無くす。
・損小利大を意識したエントリーをする(エントリー方向に値が動くとしても、リスク10pipsに対して得られる利益が5pipsならばエントリーしない)。
・エントリーする際はギリギリまで引きつける。エントリーを早まらない。
・何事も起こり得ることを忘れない。

資金管理

FX業者はXM Tradingを使用して、2つの口座を運用。
2つのうち、1つはトレードをする口座。もう1つは資金をプールする口座。

トレード口座に毎日1万円のみプール口座から入金。
トレード口座を使用して行ったトレードで出た利益はプール口座に移動。
損失が出た場合、プール口座からトレード口座に資金が1万円になるように補充を行う。

どんなミスをしでかしたとしても、1日の損失を1万円を上限とし、XM Tradingのハイレバレッジとゼロカットを上手く活用する。

つぶやき

  • 頭と尾は狙わない。なぜなら、狙えるだけの実力が付いていないから。
  • 損切りラインをエントリーと同時に確定できないトレードは分析不足。エントリー時には必ず損切りラインも決められる。
  • ポジションは週を絶対に跨がない。想定外の事象が起こる可能性があるトレードは、投資ではなくギャンブルになる。